初穂料とは安産祈願やお宮参り、
厄払いなどの祈祷の際に神社に渡す謝礼のことをいいます。

初穂とは神様に捧げるためのその年の最初に収穫した農作物をさし、
古来より、この作物を供え物として奉納してきました。
しかし生産者以外の人や収穫の時期とずれてしまうと初穂が手に入らないために、
代わりにお金を初穂料としてお供えするようになりました。
いずれも神様に感謝の気持ちを表すものです。

この初穂料は子供の成長を祝う儀式にも用いられ、
お宮参りや七五三があげられます。
そこで今回はお宮参りや七五三などの初穂料について詳しくご紹介します。

お宮参りは赤ちゃんがうまれて約1ヶ月たった頃に、
その土地の神様に赤ちゃんの健やかな成長を願う儀式です。

七五三は子供の3歳、5歳、7歳のお祝いの儀式です。
神社で赤ちゃんや子供がお祓いを受け祝詞をあげて頂く謝礼として、
初穂料を支払います。

相場は5000円から10000円が一般的です。
もちろん気持ちなので金銭面に余裕のない人は少額でも大丈夫です。
のし袋の表書きは、上段に初穂料、下段には赤ちゃんや子供の名前を記入します。

お祓いや祝詞をあげて頂いた後に、神社からお守りやお札を頂くことがありますが、
これらはお礼参りやお正月のお参りなどで神社に訪れた際に、納めるとよいでしょう。

753.jpg

子どもにかかるお金は出来る限り消費者金融で借りたお金ではなく
親の威厳として自ら稼いだお金で支払いたいところです...。

神社に支払う謝礼を初穂料と言いますが、
熨斗にはどのように書けば良いのでしょうか。

初穂料は多くの場面で利用できるものです。
神前で結婚式を行った時の神職への謝礼や七五三やお宮参り、
祈祷や厄払いの際には初穂料として支払います。

また、神社でお守りや絵馬を買う時に支払うのも初穂料となります。
全ての神社で行われる祭事に使えるものですが、
神式の葬儀の時だけは使うことが出来ませんので気をつけるようにしましょう。

初穂料を納めるときの熨斗は水引が紅白の蝶結びのものを選び、
表書きは「初穂料」もしくは「御初穂料」と書きます。

祈祷や厄払いなどをお願いした時には名前はフルネームで記載します。
お宮参りや七五三の場合、いくら親が一緒にいるといっても
祈祷をしてもらうのは子供のため、
熨斗の名前は子供のフルネームを記載するようにしましょう。

七五三で兄弟や姉妹が一緒に祈祷を受けるときには、
子供一人につき一袋が必要だという神社や、
複数の子供でも1つの熨斗袋で
名前を連名で書いて構わないというところがあります。

また、家長の名前を書き、
その横に続柄とその名前を連名で記載するケースもあるため、
その地域の人や神社に確認するようにしましょう。

初穂料とは、古来より、神様に祈りをささげる儀式の際に
農作物が供物として奉納されてきましたが、
初穂とは、その年の最初に収穫した農作物のことを指しています。

初穂料とは、この初穂の代わりとされる金銭のことをいいます。
神社に対して、祈祷やお祓い、祝詞の謝礼として渡す際に
御初穂料という名称を使います。

神社への謝礼として初穂料が使用されるのは、
主に合格祈願、安産祈願、交通安全、厄除け、お宮参り、七五三などがあります。

初穂料を神社に謝礼として支払う際の金額の相場は、
個人が参拝する場合は5000円~、会社や団体の場合は10,000円~、
といったところが相場といえます。

神社によっては、料金を規定しているところもありますので
事前に電話などで問い合わせしておいた方がいいでしょう。

そのほかにも、神社によって、祝詞奏上や祈祷や厄払いのあとに、
お守りや縁起物などをお下がりとしてくださる場合もありますので、
そうした場合は祈祷料として10,000円くらい必要となります。

神前結婚を行う場合は、100,000円からが相場ですが、
挙式料一式の中に含まれている場合もありますので、
ご予約の際に確認しておく必要があります。

実は私も来年くらいには結婚の予定がありますが、
彼女の希望は神前結婚式なんです。

日頃から頑張って貯金をするようにはしていますが、FXの口座を開設したので、
リスクを負わない程度に、ちょっとでも儲けることができたらいいなと思っています。

神社への謝礼を支払う場合の熨斗の書き方ですが、
白赤の蝶結びののし袋に入れて用意してください。白封筒でもいいです。

神社での儀式やお祭りなどで見かける初穂料と玉串料ですが、
その違いを知らない人は多いでしょう。
「よくわからないけど、お礼のような物?」という漠然とした
イメージしか持っていない人もいらっしゃるでしょう。

最近私はこのような意外に知られていない一般教養を身につけることにハマっています。

子供ができたので、聞かれたときに正しく答えられるようにしたいからです。
単純ですね(笑)

他にも将来に活かすために、スプレッドとは?などという投資方法についてもちょっとづつ学んでいます。

さて、本題に戻りますが、初穂料と玉串料は、どちらも神社で神様へのお礼という意味で、
厳密には違いがあるのですが大まかな意味では同等と考えても良いのです。

初穂料とは、もともとは今年初めて収穫した稲穂を
神様に感謝を込めて奉納したことが始まりです。
それが時代の流れとともに、神様へのお礼の気持ちを表す
金品へと変わっていきました。

一方、玉串料の方は、榊に熨斗を付けた玉串をかつては魚やお酒、野菜などと同じく、
神様にお供えするものであったのが、金品へと変わっていったという流れは同じで、
初穂料と共通するシーンで用いられます。

結婚式やお宮参り、七五三、地鎮祭、各種祈願などでは、
初穂料、玉串料ともに用いられます。

しかし、神式の葬儀では、神様へ捧げるものとして
玉串料という表書きは使用しますが、感謝の意味合いが強い初穂料は使用しません。

また、お守りやお札などを授かるときには、
そのお礼として表書きは初穂料を使用し、玉串料は使用しません。

以上の違いさえ頭に置いておけば、
その他のシーンではどちらを用いでも問題はありません。

あかちゃんが生まれてから1ヶ月後を目安に、
その土地の神様へ我が子の健やかな成長を願いに
お参りをすることをお宮参りといいます。

古くから日本にある習わしで、その際に気をつけたいことがいくつかあります。
正しい知識とマナーを持って、家族にとって思い出に残る日にしましょう。

お宮参りに必要になってくるのが初穂料です。
お宮参りだけでなく七五三の際にも必要になってきますが、
これは祝詞をあげてもらった謝礼としてお渡しするものです。

その由来は、その年の最初に収穫した穀物や野菜、果物を表す言葉で、
昔は農作物などを神社におさめていましたが、
現代ではその代わりに金銭をつつむようになっています。

初穂料の目安ですが、地域やその神社によって異なりますが、
5000円から1万円ほどが相場となっています。
大きな神社の場合は、あらかじめ初穂料を設定していることもあるので、
問い合わせてみるのも良いでしょう。

都内の水天宮では一律5000円と設定されているように、
地域ごとに一律の金額が決まっていることもあります。
聞き慣れない言葉かもしれませんが、その由来や必要性を知れば、
なぜ必要なのかが分かってきますよね。
しっかりと準備して当日を迎えましょう。

初穂料以外に、急な出費が重なると、生活が苦しくなります。
そこでオススメなのがキャッシングです。
即日融資してくれたり、学生や専業主婦などでも借りることができる
キャッシング業者があります。
収入だけではのりきれないと思ったら利用してみてもいいですね。